ヘレンド展の後は、茶室にも行きました。
陶磁美術館に茶室があるなんて知らなかった。
県民茶室⁉︎ 陶翠庵、 初体験です!

立礼式の部屋と、広い茶室と四畳半の茶室があり、掛軸や花もかっこいい。四畳半の茶室は、にじり口から入らせて貰えて、柱一本一本、天井の具合にもうっとり。
お抹茶は、立礼式の椅子に座って頂きます。
f0231568_21575083.jpg
f0231568_21581567.jpg
生菓子は写真を撮る前に食べてしまいました、、ケーキより生菓子好きなのです。

抹茶碗は、加藤孝造さんの瀬戸黒の茶碗。
茶碗アルバムの中からじぶんの好きな抹茶碗を選べます。
男前な茶碗で、凄く嬉しい。手のフィット感もウキウキで、美味しいお抹茶を頂きました。
私の写真↑では、上手く素敵さが伝わらずに残念。
人間国宝さんの茶碗でお抹茶がいただけるなんて、夢すぎます。


またすぐにでも行きたい陶磁美術館。
茶室を知って、更に大好きになりました。

[PR]
愛知県陶磁美術館にヘレンド展を見に行きました。

f0231568_22361637.jpg

凄く優雅な世界の中に、笑えるポイント満載。さりげなく王侯貴族を笑かそうとしているやろ〜という器がいっぱい。中国人のおじさんが器に張り付いていたり、レモンの輪切りのツマミが蓋についていたり。現在も代表作で残っていることから、ポイントは受け継がれているようです。
虫シリーズも大好き。かなり初期から虫は描かれていました。

これらの初期の作品たちは手仕事感があって、かわいくて素敵。お城のシャンデリアの下に置かれているのを想像しながら、細部にいたるまで満喫できました。

入口前の現在のヘレンドのテーブルコーディネイトは、展示を見た後なのでタイムスリップ空間。長い年月を経て美しさは増していますが、基本部分は変わりません。

f0231568_21071348.jpg
f0231568_21073508.jpg
f0231568_21224486.jpg


ハンガリーに行ってみたくなりました。
展示会は3月26日まで開催されています。

[PR]
世間よりだいぶん遅れてのバレンタイン。
チビ達にも食べやすい、濃厚でないガトーショコラです。

f0231568_10215861.jpg

f0231568_10285988.jpg
最後に残ったダンナの分は、チビ達の標的(^^;
そして、10分で丸ごと完食!
晩ご飯前に、こんなことでいいのかな⁉︎
たまーになので、まあいいか〜

f0231568_10363585.jpg
ケーキ型です。
お菓子はあまりつくらないのですが、子供がいるとそんなことも言ってられないので、たまにケーキ型、普段は晩ご飯に使う耐熱の器をつくってみました。
年に数回使用するケーキ型を買うのはなー、、と思っていたのでちょうど良かった♪ グラタンや煮込み料理に、そのままテーブルに出せるので主婦の味方です。




[PR]