「ほっ」と。キャンペーン
f0231568_00500754.jpg
 
1日に、名古屋市美術館に念願の藤田嗣治展を見に行きました。
3日までの展示だったのでぎりぎり行けて良かったです。

展示が絶妙すぎの密度濃すぎです。
年齢順に展示されていて、前半はフランスの景色や裸婦など、夢の様な美しさ。欲しい絵がいっぱいでうっとり。
でも、一階の最後が日本に帰国してからの戦争画で、気持ちがギュッとなります。一枚だけ、戦後に書いた三人の女神像だけが、この部屋での救いでした。飾ってくれていてありがたいです。息ができる。
でもこれで終わり?このままの気持ちで終わり?戦争戦争、、、と人の流れに沿って階段を上って二階へ行くと、まだ後半があって、戦後フランスに戻って亡くなるまでの宗教画が美しくて、細部まで面白くてすごくすごく救われます。嗣治さんが過ごしたいろんな国が混ざり込んで、楽しいことになっています。聖書のお話の絵だけど、いろんな宗教が入り込んだ嗣治さんの空想の世界がいっぱいで、どの世界も一緒の事を言っているんだなーと安堵の気持ちで見終えました。



嗣治さんの描く漫画や、監督した映画や、つくった音楽を聴いてみたいな
もしもあったら、絶対に大好きだろうな
坂本龍一に似てるから、生まれ変わって今度は音楽をしてるのかな
だったら聴ける⭐︎
と呑気に帰宅できたのでした。




[PR]
f0231568_23452545.jpeg
アーティチョーク
昨春に種を蒔いて、ついに蕾をつけました☆

食べ頃は開く直前らしいのですが、この数週間この状態で変化なし。まだ大きくなるのかな?

昔に食べた記憶では、もっと蕾が大きかったような、私が小さかったような、、、

[PR]
5月2日〜5日までの、信楽作家市が終了しました。
f0231568_03300454.jpg
f0231568_03301708.jpg




4日間とも天気が良かったものの、前代未聞の強風に悩まされました。私のテントは、ちょうど風の通り道だったのか、並びの3件が風で棚が倒れて大変!お客様には大変ご迷惑をおかけしました。割れた陶片を拾って下さったお客様や周りの出展者の方々、本当にありがとうございました。風が吹くたびに、四肢で棚とテントをおさえてドキドキ。通りがかりのお客様も一緒になっておさえて頂いて、感謝いっぱいです。おかげさまで、けが人が出ることもなく無事に作家市を終えることができました。
今回の教訓:雨よりも強風対策が重要!  雨の方がましです。

なにわともあれ、それ以外は楽しい出店でした。お天気のおかげで4日間とも、たくさんのお客様に来て頂いて、再会できたお客さまにも感激!嬉しかったです。はじめましてのお客様も、どうぞ皿屋のうつわ達をいっぱい使い倒してやって下さい。粉引は、汚れるぐらいが丁度良いよー
f0231568_03303320.jpg



私のテント前は、ゆるキャラスポットだったようで、時間になるとポン山さんとポンポコちゃんが出没。大喜びの子供達の声に癒され、大泣きの子に微笑まされ。うちの長男も泣く側なので、実家でどうしてるかな〜と思いを馳せ。
今回の出店は、家族のおかげです。チビ達を搬入日もいれて5日間まるまる見てもらって本当にありがたいです。チビ達もおおはしゃぎで、GWを満喫ニコニコで過ごす事ができました。
f0231568_03304110.jpg
最後に作家市を運営して下さっている作家さん、本当にありがとうございました。お疲れさまでした。
久々に会えた友達も相変わらずで嬉しい。笑わせてもらって、こんなに笑うことはないわーてぐらい。
一緒に出店したひより工房さんも、いっぱいありがとう〜おかげさまで楽しい時間になりました。
また10月のアートマーケットでもよろしくね!なのです♪

本日、実家から常滑に帰ってきて、車にはまだまだ什器が満載・・・
多分、明日か、チビ達の保育園の月曜日に片付けて、今年の作家市がやっと終了予定なのです。




[PR]