f0231568_07153688.jpeg

信楽セラミックアートマーケットに参加します。

気持ちの良い丘の上の広場で開催します。
ぜひ、のんびり遊びに来て下さい。


場所: 滋賀県立陶芸の森
日時: 10月8日(土)、9日(日)、10日(月祝)
9時〜17時(最終日は16時半)
小雨決行

問い合わせ先: 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
0748-83-0909
http://www.sccp.jp


私のテントは、ご飯テントの隣の列です。
近くには、木々の間を小川が流れていて、理想の林スペースもあります。子供たちがいつも遊んでいて、楽しそうなのです。
好きな場所の近くなので店番が楽しみ〜

隣のテントは、マルカツセンター時代から店仲間のひより工房さん。最近は、テント仲間です。今回もよろしくです!

ずっと雨続きですが、マーケットは晴れるといいな!




[PR]
長男が4歳になりました。
この時期のケーキは、色がない、、、
でも、飛び跳ねて喜ぶ長男。
単純で良いわ〜
このまま大きくなってね〜
f0231568_23224731.jpeg


そして次男は、自分も誕生日気分。ハッピーバースデーを歌っている最中に、先にロウソクを吹き消す。
f0231568_23081002.jpeg

[PR]
# by saraya-pottery | 2016-08-29 23:23 | Comments(0)
f0231568_00500754.jpg
 
1日に、名古屋市美術館に念願の藤田嗣治展を見に行きました。
3日までの展示だったのでぎりぎり行けて良かったです。

展示が絶妙すぎの密度濃すぎです。
年齢順に展示されていて、前半はフランスの景色や裸婦など、夢の様な美しさ。欲しい絵がいっぱいでうっとり。
でも、一階の最後が日本に帰国してからの戦争画で、気持ちがギュッとなります。一枚だけ、戦後に書いた三人の女神像だけが、この部屋での救いでした。飾ってくれていてありがたいです。息ができる。
でもこれで終わり?このままの気持ちで終わり?戦争戦争、、、と人の流れに沿って階段を上って二階へ行くと、まだ後半があって、戦後フランスに戻って亡くなるまでの宗教画が美しくて、細部まで面白くてすごくすごく救われます。嗣治さんが過ごしたいろんな国が混ざり込んで、楽しいことになっています。聖書のお話の絵だけど、いろんな宗教が入り込んだ嗣治さんの空想の世界がいっぱいで、どの世界も一緒の事を言っているんだなーと安堵の気持ちで見終えました。



嗣治さんの描く漫画や、監督した映画や、つくった音楽を聴いてみたいな
もしもあったら、絶対に大好きだろうな
坂本龍一に似てるから、生まれ変わって今度は音楽をしてるのかな
だったら聴ける⭐︎
と呑気に帰宅できたのでした。




[PR]